最新アーカイブ

Airbnbホスト10年で収益4兆円 新グレードAirbnb Plus...

民泊仲介世界大手Airbnbは10周年を迎え、2月22日(アメリカ時間)、今後10年間のロードマップを発表した。ロードマップでは、部屋タイプの見直しや新グレードの追加、新たに導入する「Airbnb...

クラウドファウンディングでRakuten STAY向け施設開発 楽天L...

楽天グループの民泊部門である楽天LIFULL STAY株式会社(本社・東京都千代田区/代表取締役・太田宗克)は21日、民泊・簡易宿所向けのブランディング・運用代行サービス「Rakuten STAY...

アメリカの民泊支援大手、Amazon Echoを民泊施設に導入 スマー...

アメリカで民泊運用支援事業を展開するプロパリィ社はこのほど、無人型民泊へのサポート事業の一環として、米アマゾンのAI(人工知能)スマートスピーカー「Amazon Echo」を導入を強化する方針を明らか...

政府、統合的な民泊サイト開設へ 民泊条例の情報、横断的に掲載 民泊コー...

住宅宿泊事業法(民泊新法)の2018年6月15日施行を控え、政府は民泊の周知を目的とした統合ウェブサイトを2月末にも開設する方針。各自治体がばらばらの内容で制定している民泊条例の内容も一括掲載し、民泊...

Zens、蔦屋書店やツタヤで民泊チェックイン代行サービス提供 東京・大...

民泊事業を手掛けるZens株式会社(本社・東京都渋谷区/代表取締役・町田龍馬)はこのほど、蔦屋書店やツタヤなどの運営を手掛けるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)と連携し、店舗カウンタ...

【速報】民泊、「旅行業法」施行規則も改正へ 宿泊場所の届出確認、旅行業...

住宅宿泊事業法(民泊新法)の2018年6月15日の施行に合わせ、国土交通省は「旅行業法」の施行規則も改正することが分かった。判明した改正案では、旅行業者が旅行サービスの中で民泊施設を利用する場合、...

東京五輪の客室不足対策、「空き家や民泊活用」52%、「宿泊施設増設」1...

相談サポートサイトを運営する日本法規情報(本社・東京都新宿区/代表取締役・今村愼太郎)は、2020年東京オリンピックに関する意識調査を実施した。その結果、ホテルの客室不足に対する対策案として「空き家・...

岐阜県の民泊条例素案、追加制限なし 「民泊活用で滞在促進」 有識者会議...

岐阜県は15日、2018年6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を控え、民泊条例の素案を発表した。民泊運営の適正化を進めつつ、県内への滞在促進と地域経済の発展の側面から、地域や期間を指定した...

41%が「民泊」利用意向 18〜25歳のシェアサービス関心層 親世代の...

株式会社ジャパンネット銀行(本社・東京都新宿区/代表取締役・田鎖智人)が15日に発表したシェアリングエコノミーに関する意識・実態調査で、ミレニアム世代を中心とした日本国内の18〜25歳のシェアサービス...

ホテル向けに「部屋割り機能」追加 AirHost Webサービス、民泊...

民泊系とホテル系の両方に対応するクラウド型の予約サイト一括管理コントローラー「AirHost Webサービス」を運営する合同会社エアホスト(本社・神奈川県川崎市/代表・尾畠隆志)はこのほど、ホテル・旅...