最新アーカイブ

民泊施設、テレワークで利用できる?来月で施行2年、ルール再確認を

かつては、空室を使って「民泊」と「時間貸し」の二毛作をしていた人もいるが、現在は見かけない。その理由は、2018年6月15日に施行された「住宅宿泊事業法(民泊新法)」のルール上、認められるものではない...

民泊施設などの「作業スペース」とリモートワーカーをマッチング!新サイト...

リモートワーカーと作業スペースのマッチング仲介サイト「HEYACARI(ヘヤカリ)」が、5月30日に東京都限定でオープンすることが発表された。作業スペースは民泊施設も対象となる。 発表したHEY...

民泊の届出住宅数、初めて前月より減る 事業廃止が1カ月で629件、コロ...

観光庁は5月25日までに、住宅宿泊事業法(民泊新法)における最新の届出状況などを公表した。5月11日時点の届出住宅数は21,176件で、4月10日時点の21,385件を下回った。前月発表分より届出住宅...

宿泊施設の空き室、「職住融合」の個室として提供 定額住み放題のアドレス...

定額の全国住み放題サービスを展開する株式会社アドレス(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:佐別当隆志)は5月20日、ホテルや旅館、ゲストハウス、一棟貸しの戸建民泊などとの連携を強化すると発表した...

4月の訪日外客数、99.9009%減の2,900人 香港は99.994...

日本政府観光局(JNTO)は5月20日、新型コロナウイルスの影響で、今年4月の訪日外客数(推計値)が前年同月比99.9%減の2,900人まで落ち込んだと発表した。伸び率を「(今年4月-前年4月)÷...

外国語ガイド、関東・近畿に集中 「地方部でのガイド不足が課題となる可能...

観光庁は5月20日までに「外国語ガイドの実態把握調査報告書」を公表した。外国語ガイドは、外国語を話せる民泊事業者の「副業」にもなり得る。都道府県によってはガイド数がかなり少ないケースもあり、After...

民泊運営代行のエアサポ、宅配専門の「調理代行サービス」開始 東京都港区...

民泊運営代行サービスを展開している株式会社エアサポ(本社:東京都港区)は5月19日までに、デリバリー専門の調理代行サービス「ゴーストセントラルキッチン」を東京都港区で開始したと発表した。 一...

小田急電鉄、「住みながら働ける、時には貸し出せる」新業態を展開

小田急電鉄(本社:東京都新宿区/社長:星野晃司)は5月15日、「住みながら働ける、時には貸し出せる」をコンセプトにした新業態「タイムシェア型レジデンス」を、東京都渋谷区の代々木上原駅近くで展開する...

Airbnb CEO「約80キロ以内の旅行が増加」 Withコロナ下の...

「規模の縮小の判断について、いままでで下した判断の中では一番苦しいものでした」——。民泊仲介世界最大手Airbnbのブライアン・チェスキーCEO(最高経営責任者)。5月13日のライブ配信でまずこう...

民泊ノウハウも!「空き家の相談員育成カレッジ プロデュース講座」、LI...

不動産情報サイト大手のLIFULLは5月12日、「空き家の相談員育成カレッジ プロデュース講座」を新講座として6月から開講すると発表した。目的は、空き家を活用してプロデュ―スできる人材の育成だ。 ...