民泊最前線

【民泊最前線#8】条例検討と3つの視点 北海道や京都市、日数制限や取締強化へ

住宅宿泊事業法(民泊新法)が来年6月にも施行される見込みとなった。 法律が成立したのが6月。1年以内という施行期限をたっぷり待って施行する背景には、条例による年間営業日数の短縮や違法民泊の取締り...

【民泊最前線#7】180日を巡る攻防 Airbnbが運用代行会社と提携する理由

  空き部屋や空き家を外国人観光客に有料で貸し出す「民泊」のルールを定めた民泊住宅宿泊事業法(民泊新法)が今年6月、与党などの賛成多数で成立した。  来年施行予定のこの法律が成立したことによ...

【民泊最前線#6】民泊と税金 世界で加速する宿泊税徴収の動き

 民泊と税金。民泊と宿泊税。  シェアリングエコノミーの代表格とも言われる民泊ビジネスが世界的に普及していく中、民泊ビジネスと税(宿泊税)の徴収のモデルについて世界的に議論や訴訟が起きており、宿...

【民泊最前線#5】HomeAwayが瀬戸内の民泊活性化へ業務提携

 何が地方活性化の起爆剤となるか・・・。  地方創生を苦しみながら模索し続けている地方において、「民泊」が地域経済復活のキーワード、時には切り札になりつつある日本。そんな中、世界最大級の民泊仲介...

【民泊最前線#4】”民泊撤退”という決断 ホストが抱える...

空き部屋を有料で外国人観光客などに貸し出す「民泊」。シェアリングエコノミーの代表格とも言えるこの民泊で、自分の部屋などを活用して民泊ビジネスを展開してきたホストが、民泊サービスから撤退もしくは撤退...

【民泊最前線#3】「民泊元年」到来へ 運命の2017年度スタート 新法施行は来年...

2017年3月10日、空き部屋を観光客などに貸し出す「民泊」について定める民泊新法案(住宅宿泊事業法案)を政府は閣議決定し、同日、国会に提出されました。 近く、国会で本格的な論戦が始まるとみられ...

【民泊最前線#2】訪日客の19%が民泊活用 大阪観光調査が示す未来

「大阪を訪れた外国人観光客の19%が民泊を利用した」 大阪観光局は3月28日、関西国際空港で外国人旅行者に対して実施した「外国人動向調査」の結果を発表しました。 この調査は2016年7月から2...

【民泊最前線#1】ホストがBooking.comを選ぶ理由 王者Airbnb時代...

空き部屋を観光客などに有料で貸し出す民泊。日本でもこの民泊が盛んになり始めてから、ホストの部屋の登録先としては、民泊仲介世界大手サイト「Airbnb」(エアビーアンドビー)が他サイトを圧倒する形で...