連載

【第6回】民泊経営の解決すべき問題を見極めて、仕留める方法

株式会社ウィンズの長坂創太と申します。サイトコントローラーの販売代理事業や民泊コンサル事業を運営しております。「民泊運営の成功と失敗を分ける鍵」をテーマに7回にわたり、そのポイントをご説明したいと思い...

【第76回】再び注目される農泊 『北海道民泊、訪れてよし住んでよし』北...

もう20年前になりますが、私は北海道内にある下川町へ移住をしていた時に、農村B&B(ベッド アンド ブレックファースト)のセミナーへ参加をしたことがあります。 当時、農村にある空き家対策とし...

【第75回】民泊タワーマンション 『北海道民泊、訪れてよし住んでよし』...

民泊取材を受ける中で、ヤミ民泊やグレーな物件(リスティング)についての質問が多いのが現状です。 前職の保育士養成施設を運営していたことがあり、その施設の学生の9割がシングルマザーでした。 シングル...

【第74回】民泊新法施行後に起きていること 『北海道民泊、訪れてよし住...

住宅宿泊事業法(民泊新法)施行に伴い、様々な変化を感じております。 具体的にはホテル業・不動産業との方々と気軽にお話ができるようになりました。 ホテル業の方々とは宿泊業としての心構えや需要予測(...

【第73回】宿泊施設の品質認証 『北海道民泊、訪れてよし住んでよし』北...

サッカーワールドカップをロシアで観戦された方のお話によると、開催地での民泊も当初は少なかったものの、口コミで地元住民の中で民泊提供が広がり、リスティングが日に日に増えたそうです。 貸す人、借りる...

【保存版】旅館業法改正のポイント 弁護士 野村祐美子

平成30年6月15日に、住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されるとともに、旅館業法が改正されました。今回は、旅館業法改正のポイントについてご説明致します。(なお、本連載の中で意見にわたる部分は筆者の個人...

【第72回】エアビーショックから立ち直る 『北海道民泊、訪れてよし住ん...

住宅宿泊事業法(民泊新法)の適法化に伴い、Airbnbなどの仲介サイトから届出がない違法な予約として判断されたため、予約が強制キャンセル(エアビーショック)でゲスト・民泊ホストそして清掃洗濯チーム...

渋谷から1駅の好立地!「Tokyo Hostel ENISHI」に潜入...

渋谷から1駅の池尻大橋にある、株式会社セルゲートジャパンが運営する「Tokyo Hostel ENISHI」をレポートする。 今回は初レポート依頼のご連絡を頂いた施設であり、嬉しい限りです。 ...

特区の『歴史的建築物等に関する旅館業法の特例』で宿泊業を営む

兵庫県篠山市で分散型古民家ホテルとして運営している篠山城下町ホテルNIPPONIA、周辺の古民家等が国家戦略特区の旅館業の特例で運営を行っていた。6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行と同時に旅...

【第71回】民泊新法の届出件数 『北海道民泊、訪れてよし住んでよし...

観光庁の資料によると、住宅宿泊事業法(民泊新法)への民泊ホスト登録が、全国2707件の届出があり、うち札幌市は届出提出件数450件(6/8現在) 、保健所設...