連載

【復刻・民泊革命(第32回)】 民泊の視点をホテル運営に取り入れる

1年4ヶ月間、2016年1月11日号から2017年4月24日・5月1日号まで計64回にわたって不動産業界紙「週刊住宅」に連載された「民泊革命」。掲載用に編集前の元原稿を民泊大学ウェブサイトで復刻し、過...

【復刻・民泊革命(第31回)】 全国各地の民泊データランキング

1年4ヶ月間、2016年1月11日号から2017年4月24日・5月1日号まで計64回にわたって不動産業界紙「週刊住宅」に連載された「民泊革命」。掲載用に編集前の元原稿を民泊大学ウェブサイトで復刻し、過...

【第5回】北海道も団体旅行から個人旅行の時代へ『北海道民泊、訪れてよし...

先日、北海道内で団体旅行客を乗せた観光バスが横転し、6人の方がケガをされるという事故がおきました。 あまり紹介したくない数字なのですが北海道外国人観光客の団体パッケージ利用割合は53.1%(...

【第4回】民泊をめぐる課題『北海道民泊、訪れてよし住んでよし』 北海道...

2016年日本におけるAirbnbコミュニティ経済効果はなんと9200億円、2015年に比べ1.8倍へと経済効果は伸びていますが課題もあります。 住民からの苦情に関して、新宿区民泊問題...

【第3回】ホテルの繁忙期と民泊の役割 『北海道民泊、訪れてよし住んでよ...

北海道内の平均客室稼働率は例年2月と6月~9月が全国平均を上回り客室稼働率が高くなっています。 全国の他のエリアに比べ、繁忙期と閑散期の変動が大きいのが特徴です。札幌市のハイシーズンではホテル...

【第2回】観光立国の実現と民泊の制限 『北海道民泊、訪れてよし住んでよ...

外国人の来道者数が増加しています。 北海道を訪れる外国人観光客は、 平成23年度(2011年) 57万人  平成24年度(2012年) 79万人  平成25年度(201...

【第2回】民泊とハウスマニュアルの鉄則2 広島在住 民泊コンサルタント...

ハウスマニュアルの項目の順番についてどの順番で書くかということを前回の記事では書きました。最も大事なことは、 民泊ゲストの「最大の関心事」から「時系列」で書いていく ということですね。すなわち...

【第1回】『北海道民泊、訪れてよし住んでよし』北海道民泊観光協会 代表...

私は現在、北海道内の民泊事業(コミュニティビジネス)が地域づくりへ貢献する方法の模索、また地域住民自らが主体となり、 役割分担を行いながら道内の問題・課題の解決、そして民泊事業の持続可能な取組を...

【第1回】民泊とハウスマニュアルの鉄則 広島在住 民泊コンサルタント ...

最近、知り合いの方からとある部屋の民泊予約管理業務を引き継ぐことになりました。 その際に「ちなみに、どのようなハウスマニュアルを使っていたのですが?参考までに見せていただけますか?」とお願いし...

【第2回】民泊と分譲マンションにおける管理規約 マンション管理士 根本...

都市部の代表的な住居であるマンション。共同住宅であるマンションで民泊を行おうとする場合、住民から構成される管理組合との調整が必須です。民泊トラブルを避けるために必要な民泊関係の管理規約の設定方法などを...