「ホストとともにサービスを創る」HomeAway 営業本部長 榎田 豪さん

御社のターゲットとなる物件は?

ホームアウェイ日本のみならずグローバル全体で見ても地方部の物件比率が高いですが、都市部を狙っていないわけではないです。都市でもコンドミニアム、ペントハウスや一軒家のような丸ごと貸切物件は積極的に掲載していきたいです。

また、ホームアウェイ自社ブログ物件掲載やSNSでの物件紹介など、豪華、ユニーク物件のプロモーションも積極的に行なっています。露出アップを通じて多くの人の目にまりやすくし、物件への直リンクという導線シームレスな予約を促す、というような仕組みです。

このようなプロモーションの取り組みは、弊社が豪華・ユニーク物件を取り扱っているサイトだということを認知徹底することにも繋がる為、ホストとホームアウェイ双方にメリットがあります

理想的な物件の特徴は?

立地面では特に都市や地方というこだわりはありません。部屋の広さが40平米以上、3名以上収容可能で、フォトジェニックな物件はホームアウェイの客層との親和性が高いです。豪華デザイン性が高いユニーク、そして日本のエッセンスが散りばめられているような物件は写真で魅力を訴求しやすいですね。

ホストに対する物件コンサルティングサービスなどは行わないのか?

物件開発に関するコンサルティングは行っておりません。その一方で、掲載される物件の写真枚数、内容やクオリティについてはアドバイスさせて頂くことはあります

榎田さん自身が全国に足を運んでいるがホストの反応は?

地域によって反応は様々ですが、そもそもホームアウェイをご存知ない場合は、まず最初にブランドをしっかり紹介し、強みや特徴を理解して頂くことから始めています。

地方は運用代行業者だけでなく、地元の名士(個人ホスト)や不動産会社にも話をする機会があります首都圏ほどバケーションレンタルが成熟していない為、これから一緒に市場を盛り上げていきましょうというスタンスの方が多いですその際、宿泊ゲストの属性等、都市部の実績について聞かれることがあります。マーケットの傾向と併せ、他社プラットフォームとの違いをお伝えするとお持ちの物件がホームアウェイとマッチしているか認識頂けることが多いです。

<次のページ> 開拓していきたい地域は?