「民泊業界、第2期黄金時代の始まり」 株式会社百戦錬磨の上山康博社長

民泊業界でのポジショニングは?


オールジャパン公認の民泊プラットフォームを作って行きたいです。過去に発表した声明にも入れましたが、近隣の方々とのある一定の調和が大前提で、社会に貢献できるサービスをやっていきたいと心の底から思っています。
提携する企業やホストさんも社会に役立ちたいという気持ちを持たれている方々とお付き合いして行きたいです。

合法に特化しているということで限られている条件でのホスト集めは非常に大変だと思うが、どのように行なっているのか?

厳しいことなのは最初からわかっていたことなので、特に大変なこととは思っていないです。こちら側としては、決められているルールの中で取り組んでいくだけです。

Airbnbなど外資系の民泊プラットフォーマーとの戦いで苦労したことは?

現状同じ土俵に立っているとは思っていなくて、違うルール上で事業を展開しているうちは、比較にならないと思っています。

住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立についてどう思うか?

住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立については、非常に喜ばしいことだと思っています。ただ、今回の民泊新法の成立によって、既存の国内外プラットフォーマーが仲介業者として登録することになったという点が、観光・旅行業界の最大の焦点となっています。


このことがが意味することは、民泊新法の施行前に掲載されている違法民泊物件を消しましょう、そうでなければ仲介業者としての登録を受け付けませんよ、ということです。つまり、違法物件はプラットフォーム上から削除され、今まで行われていたヤミ民泊が一旦リセットされるということになります。
また、現状ヤミ民泊を行なっているホストの方は、民泊新法に準拠するか、特区民泊や簡易宿所(旅館業法)などの日本のルールに乗っ取って運用していかないといきませんよ、ということが最大のポイントです。

<次のページ> 民泊新法の届出制、180日規制においてプラットフォームの管理はどうなる?