「営業のプロが京都民泊のススメ」 One More Heart 吉田奨さん

会社としてグレーの民泊を営業しているところはどうなるか?

ホテルや旅館とかは、きっちりと法に従っているところは意外と少ないのが現状です。
だからグレーな状態で民泊を営業していてもばれないことの方が多いのではないかと思います。
実際に保健所がしっかりとチェックを行なっているかわからないし、どこまで監視が行き届くかわからないですね。

吉田さんは法律に則った形で民泊の営業を行っていくのか?

現にそうして来ました。
でも、法律以外での京都で民泊ビジネスをする際の課題は、民泊新法が施行されようがされまいが、現京都市長が民泊は戸建ては認めて、集合住宅は認めないと主張していることですね。なので、集合住宅での民泊はできなくなる可能性を考えないといけないかもしれませんね。

大阪の特区民泊についてどう思うか?

大阪の民泊事情はAirbnbが増え過ぎたことで、価格の暴落がすごかったことが印象に残っています。
価格の暴落に加えて、高い賃料を払っていた人が多くいたので、撤退が増えたと思います。
また特区民泊は、様々な制限があって、その辺を律儀にやっていたら機会損失が大きいと思います。
現状では、特区民泊の許可を取った人が損することが多いので、特区で一泊解禁になるっていう方が近いのんじゃないのかなと思います。新法が一泊良くて特区はダメなのは、個人的にあまり理解し難いですし。

民泊関連での他のビジネスもしているのか?

管理システム関係のビジネスをやっています。
他には、西日本限定で防犯カメラを設置をほぼ無料でしています。
防犯カメラは、部屋の中は設置できないのでエントランスとか廊下とかに設置したりしていますね。
使って見て良かったら継続という形で防犯カメラを販売していて、半年は無料で使えます。