Airbnbに詳しくなりたい!サイトの特徴や名前の由来を解説

いま日本を含む世界中で利用者が増えている「Airbnb」。

Airbnbとは「エアビーアンドビー」と読む民泊仲介大手オンラインサイトです。部屋を貸すホストと部屋を借りるゲストが主に利用し、Airbnbがホストとゲストのつなぎ役になります。

この記事では、これから新たに民泊を始める人や改めてAirbnbについて知りたい人向けに、「Airbnbとは」「Airbnbの名前の由来とは」「Airbnbの創業ストーリーとは」「Airbnbの世界展開の戦略とは?」「Airbnbのビジネスモデルとは?」「Airbnbの特徴とは」などに分け、説明していきたいと思います。

Airbnb日本版サイト:https://www.airbnb.jp/

 

Airbnbとは?

Airbnbとは簡単に言えば「民泊仲介サイト」です。

世界で最も大きな民泊仲介サイトと言われており、「民泊仲介大手サイト」や「民泊仲介世界大手サイト」などと呼ばれています。

Airbnbのウェブサイト(3月16日時点)によりますと、世界191カ国・地域の6万5000都市で計300万件以上の物件を掲載しており、通算1億5000万人以上が利用したとされています。

では民泊を仲介するとはどういうことかと言いますと、部屋を有料で貸し出すホストと部屋を借りたいゲストをつなぐ、ということです。

Airbnbのウェブサイトにホストが部屋を登録しますと、ゲストはその部屋を検索によって見つけることができるようになります。

また民泊用の部屋の仲介のほかに、体験の仲介しています。

運営会社は「Airbnb, Inc.」で、アメリカのサンフランシスコに本社を構えています。日本では2014年5月に「Airbnb Japan」が東京で設立されました。

おすすめの「民泊サイト・サービス」7選と特徴・活用方法

 

Airbnbの名前の由来とは?

次に「Airbnb」という名称の由来とは何かについて紹介していきましょう。

 

「bnb」の意味とは?

まず、ビーアンドビーと読む「bnb」は、イギリス発祥の「B&B」という呼び名に由来します。イギリスでは簡易的なホテルのことを「Bed and Breakfast」(ベッドと朝食)の頭文字をとって「B&B」と呼びます。

実際にはAirbnbに登録されている部屋の中には、朝食を提供しない部屋もたくさんありますが、そこはご愛敬。

実はもともと、「Airbnb」というサイト名は「Airbedandbreakfast.com」でした。それを短縮して「Airbnb」となった訳です。

 

「Air」の意味とは?

では「Air」とは、どういう意味なのでしょうか。

これは、創業者のブライアンチェスキー(Brian Chesky)とジョー・ゲビア(Joe Gebbia)が、エアーベッド(Air Bed)を宿泊希望者に使ってもらっていたことに由来すると言われています。

Airbnbの名前の由来とはつまり、「エアーベッド(Air Bed)を貸し出す簡易的なホテル(B&B)」と言ったところです。

 

Airbnbの創業ストーリーとは?

創業から10年も経たない間に、これほどまでに世界的に有名になったAirbnb。ではそのAirbnbの創業ストーリーとは、一体どういったものだったのでしょうか。

 

米国の美術大学で出会った創業者

アメリカ東部にロードアイランド州という州があります。ニューヨーク州と海を挟んで接しております。

このロードアイランド州にアメリカで最高の美術大学と位置付けられている「ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(Rhode Island School of Design)」、略してRISDがあります。

このRISDで出会ったのが、のちの創業者となるブライアンチェスキー(Brian Chesky)とジョー・ゲビア(Joe Gebbia)の2人でした。

 

2人の部屋を会議の参加者に貸す

2人はRISDを卒業後、サンフランシスコに引っ越し、2人で部屋を共有して使っていました。

そして2人は、アメリカのインダストリアルデザイナー協会が主催するインダストリアルデザイン会議の際、のちのAirbnbのコンセプトとなる試みに成功します。

2人はこの会議の間、宿泊施設の不足でホテルが予約することができない会議の参加者に、自分たちの部屋にエアベッドを備えて、朝食も提供したのです。

Airbnbにおける「民泊」の概念は、こうして誕生しました。