Airbnbでの事件例と危険度ランキング!対策を総まとめ

空き部屋を外国人旅行者などに有料で貸し出す民泊。使っていない資産、いわゆるシェアリングエコノミーの仕組みの一つとして、世界各地で利用者が増えております。

日本でも民泊仲介サイト「Airbnb」を活用して民泊ビジネスを始めるホスト(民泊する部屋を貸し出す人)が年々増え続けております。

そして、日本政府観光庁(JNTO)によると、2016年の訪日外国人客数は前年比11.8%増の2403万人に達しました。このうちAirbnbなどを使って民泊をした外国人旅行者も多いとみられています。

日本政府は2020年の東京オリンピックも見据え、外国人旅行者の取り込み、いわゆるインバウンド観光の促進に力を入れており、既に閣議決定した民泊新法(住宅宿泊事業法)案や旅館業法の修正などを通じ、民泊の法整備を急いでおります。

 

そんな中、「私もホストとなって、Airbnbなどで民泊ビジネスを始めよう!」と今考えている人も多いと思います。一方で心配なことが、Airbnbなどを使って始めた民泊ビジネスにおける事件やトラブルです。

外国人旅行者や国内旅行者、さらには最近は出張者などをゲストとして受け入れる民泊では、Airbnbのホストとゲストの間で事件やトラブルが生じる可能性があることは、注意をしておかなければなりません。

では実際に、これまでにAirbnbなどのプラットホームを利用する中でどういった事件やトラブルの事例が起きているのでしょうか。

この記事では過去におきた民泊をめぐる事件を、さまざまなメディアで報じられた社会ニュースなどから、特に悪質性が高い事例を紹介し、事件を防ぐポイントなどについて解説していきます。

事件というより、一般的にトラブルとも呼ばれる事例については、民泊大学は 【保存版】民泊のよくあるトラブル33事例とその対策 でも取り上げていますので、参考にして下さい。

【保存版】民泊のよくあるトラブル33事例とその対策

 

事件例①盗難事件・窃盗事件

  • 事件遭遇度:★★★★★
  • 金銭被害度:★★★★★
  • 身体危険度:★☆☆☆☆
  • 対策難易度:★★★★☆

Airbnbを利用した民泊ビジネスにおける事件・トラブルとして、インターネット上でも頻繁に目にするのが、盗難事件や窃盗事件です。

実際に発生した事件例を取り上げてみます。

アメリカ・サンフランシスコで2011年に発生した事件では、Airbnbに自分の部屋を登録し、ゲストを1週間ほど泊めた際、クローゼットの鍵が壊されて、貴重品や写真や動画が保存されたハードディスクが盗まれてしまったそうです。

例を挙げればキリがありませんが、インターネット上などでよく目にする盗難事件や窃盗事件、例えば次のようなものです。

  • クローゼットのカギを壊されて貴重品がなくなっていた。
  • 靴箱に入れておいた自分の靴がなくなっていた。
  • 部屋に飾ってあった絵画がなくなっていた。
  • 住宅の敷地内で飼っていたペットがいなくなっていた。
  • 車庫の中に停めておいたスクーターがなくなっていた。

こういった盗難事件・窃盗事件を防ぐ一番有効な手段とされているのは、まずゲストが宿泊するAirbnbに登録した部屋に貴重品を置かないことが最も重要です。

そして、玄関に監視カメラを設置したりすることは抑止力になることは間違いないですが、根本的にこういった事件の発生リスクをゼロにするものではありません。

Airbnbなどを利用するホストは「事件が発生するかもしれない」という前提で、盗難されてもなるべく被害額が少ないもので民泊用の部屋を準備する、といった心構えを持っていても良いでしょう。

 

ちなみに、Airbnbでは盗難トラブルが発生した際に「Airbnbホスト保証」という仕組みが導入されています。

これは、本来であればゲストが賠償しなければいけない被害賠償(この場合は窃盗・盗難の被害に対するもの)を、Airbnbが最高で1億円まで補償するというものです。

一方で、下記などについてはAirbnbホスト保証の適用外となっているので、注意が必要です。

  • 金銭、貴金属、手形、証券
  • ペットなどの動物
  • 樹木、農作物
  • 船舶
  • 車両
  • 送信線、配電線

詳しくは Airbnb – ホスト保証の利用規約(最終更新日:2016年10月27日) を参考にして下さい。

また、Airbnbで登録した民泊施設に宿泊したゲストが、近所の家の傘や自転車を持っていってしまった?・・・といった苦情がご近所さんからAirbnbのホストに寄せられるケースも起きています。

 

<盗難事件・窃盗事件のリスクについてのポイント>

ポイント①貴重品を部屋に置かない

ポイント②ゲストを選ぶ(Airbnbの評価が悪いゲストは宿泊させない)

ポイント③Airbnbホスト保証には適用外のものがある

 

事件例②風俗・売春事件

  • 事件遭遇度:★★☆☆☆
  • 金銭被害度:★★☆☆☆
  • 身体危険度:★★☆☆☆
  • 対策難易度:★★★★★

Airbnbなどを利用した民泊ビジネスで発生する事件例として他にも挙げられるのが、売春拠点としてゲストが民泊施設を利用する行為などです。「乱交パーティとして利用された」などというホストからの苦情を耳にすることもあります。

実際の事件としては、以下のようなものです。

事件はストックホルムで発生しました。Airbnbを利用して自分のアパートの部屋をゲストに1カ月間貸した2人の女性。2人はこの期間、旅行を楽しんでおり、帰宅したときに事件が発覚したといいます。発覚は警察からの「あなたの家で2人の売春婦を逮捕した」という連絡がきっかけでした。

またアメリカで次のような事件も発生しました。ホストはAirbnbを通じて自分の豪邸を貸し出したのですが、その部屋でアダルトビデオ(AV)の撮影に使われてしまったというのです。部屋は汚物で汚されており、ホストは愕然としたといいます。

ここでまず、Airbnbヘルプセンターの ゲストとしての気配りのポイントは? のページを読んでみましょう。そこには主に、下記のような項目がポイントとして説明されています。

  • チェックイン時間など約束事とハウスルールの厳守すること。
  • 友達の家に泊まる時のように民泊施設を大切に扱うこと。
  • ゲスト本人以外の誰かを家に呼ぶ時には、ホストから許可をとること。
  • トラブルや対処がわからない時にはホストに相談すること。

ゲスト側のモラルとして、民泊先を売春拠点として使うことなど許されることではありません。警察沙汰になった場合などは、ホスト側が大家から何らかの損害賠償を求められる可能性も否定できません。

この手の事件は、未然に事件発生に対する防止の手立てを行うのはなかなか難しい、という側面もあります。また発覚しないケースもあり、こういった事件が水面下でどれだけ起きているのか、把握しにくい類の事件でもあります。

事件対策としては、Airbnbを通じて宿泊リクエストを受けたゲストの方と、事前にコミュニケーションをメールなどでしっかりしておくことや、そのゲストに対するレビューにしっかり目を通しておくことが挙げられます。

またAirbnbに部屋を登録する際のハウスルールとして、「ゲスト以外の第三者は民泊施設内に泊めない」「第三者を泊める場合は事前にホストに連絡する」「『違反した場合は○○』などと利用規約に記入する」などをしっかり定めておくことも、抑止力になります。

 

<不法利用事件のリスクについてのポイント>

ポイント①ゲストの評価やレビューをしっかり読む

ポイント②ハウスルールに第三者の宿泊ルールをしっかり書く

ポイント③違反に対する罰則などを利用規約に書いておく