Booking.comのキャンセル料は無料?適用条件などに特徴あり

返金不可の部屋を日程変更する場合は?

Booking.comの予約に関しての疑問の中でも多いものの一つが、返金不可の部屋を日程変更する場合には、一度キャンセル料を支払う必要があるのか、という点です。

この疑問に対し、Booking.comは「ライベートセールや返金不可のご予約は、特別な格安料金で提供しているため、日程変更はできません」と説明しています。

つまり基本的には、返金不可の部屋の日程を変更したい場合は、最初に予約した日のキャンセル料が発生してしまうということになります。

一方で、ウェブ上では「Booking.comに問い合わせたらホテルに連絡してキャンセル料なしで予約日の変更ができた」などの実体験なども見受けられ、ケースバイケースとも言えそうです。

 

Booking.comの料金の支払い方法は?

最後に、Booking.comの特徴でもあり、Booking.comの多くの利用者が最初に疑問に思うことについて解説していきたいと思います。

それは支払いタイミングです。

Booking.comの最大の特徴の一つでもあると言えるのが、この支払いタイミングです。Booking.comの公式ウェブサイトから、支払いタイミングについての説明を読んでいきたいと思います。

まず、Booking.comではほとんどの場合、宿泊料金の前払いやデポジット(保証金)の支払いは必要ない、としてあります。

一方で但し書きとして、前払いやデポジットの支払いが必要な場合は、宿泊施設ページの「ホテルポリシー」欄と予約確認書に詳細が記載されているので、そちらを参照してほしい、と説明が書かれてあります。

また、ゲストはBooking.comで宿泊施設を予約する際には、多くの場合クレジットカード情報を記載する必要となっております。

一方で最近では、クレジットカードの情報なしで予約を受け付けている宿泊施設も増えてきており、宿泊施設によってこちらも条件が異なることを覚えておいて下さい。

また、Booking.comでは後払いが主流のため、ホスト側にとってはゲスト側からの連絡なしのNo Show(不泊まり)問題が起こる可能性があります。

Booking.comはNo showによるホスト側の損益を保証していません。また、ホスト側はNo Showが起きたとBooking.comに報告しなければ、通常のサービス手数料をBooking.com側から請求されてしまうため、管理画面から2日以内のNo Show報告をする必要が出てきます。この点が後払いであるBooking.comの特徴です。必ず、2日以内に報告するようにしましょう。

 

この記事ではBooking.comの主に「キャンセルの方法」や「キャンセル料」、「宿泊日変更の際のキャンセル料の扱い」などについて解説してきました。また、Booking.comの特徴でも「後払い方式」についても紹介してきました。

Booking.comを便利に利用するためにも、Booking.comを利用する際には今一度キャンセルポリシーを確認しましょう。