【第2回】「価格を上げる差別化、価格を下げる差別化」価格の視点

【Wifi】
WAmazingという会社は、日本の空港で、無料でスマホでネットができるSIMカードを配っています。彼らは、訪日外国人向けに広告したい広告主を募り、広告収入で収入を得ています。

皆様は、民泊施設の運営で、無線のポケットWi-Fi、まだ提供してませんか。民泊施設には、固定回線でwifiを飛ばせばもうポケットワイファイは不要ではないでしょうか。なぜなら、もはやSIMカードは、訪日外国人の場合、空港で無料で手に入ります。

これも、「ポケットワイファイを外国人に低価格で提供するには、どうすればいいのか」という問題意識からここの社長が考え出したアイディアです。

 

【民泊向けメール・電話・鍵の受け渡し代行】
世の中に、多くのこれらのサービスがあります。これは確かに、ゴールドを掘る民泊業者を助けるビジネスですが、もはや既に参加企業が多くて、競争が激しく、やろうと思えば誰でもできることが多く、これらの業態は利益が出にくくなっています。既に誰かがやってて、差別化しにくいことに参入するのはやめましょう。血みどろの戦いに巻き込まれます。

 

【サイトコントローラー】
皆様、サイトコントローラー というものをご存知でしょうか。
サイトコントローラー の詳細は、こちらご覧ください。

民泊のホストを補助するシステムは、サイトコントローラーやPMSと呼ばれます。ここでは、サイトコントローラーをご紹介します。

民泊用のサイトコントローラー は、日本に多くありません。

ねっぱん、手間いらず、エアーホスト、Suitebook、そして弊社が扱うBeds24などが、現在日本の多くの民泊施設で使用されています。
これも、民泊運営というゴールドを掘る方に道具を売る商売です。
これらのシステムがあれば、費用を抑え、多くの宿泊客を効率的に集められます。
Airbnbだけでなく、Booking.comなどでも集客できるようになります。

これも民泊業者の費用(価格)を抑える差別化、です。良いシステムを業務に入れると、業務効率は飛躍的に高まり、費用を抑え、利益を高めます。


<次のページ> 【最後に】