AI価格最適化技術で7億円資金調達 メトロエンジン社、精度向上で事業展開を加速 イノベーションで収益拡大

AI(人工知能)や深層学習(ディープラーニング)を活用した単価設定「ダイナミックプライシング」の技術を開発するメトロエンジン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役CEO:田中良介)は8月23日、SBIインベストメントなど複数の企業から総額約7億円の資金調達を行ったことを発表した。

同社はウェブサービス「メトロエンジン」を通じ、ホテルや旅館の収益拡大に貢献してきた。宿泊客の「予約行動」に関わるビッグデータやリアルタイムデータをAI分析して需要予測などを行い、客室単価を算出する仕組みだ。

今後はエンジニアやデータサイエンティストの人員を約100人まで増やした上でダイナミックプライシングの精度を向上させ、この技術を活用した事業展開をさらに加速させていくようだ。

出資企業は「SBIインベストメント株式会社」「NECキャピタルソリューション株式会社」「株式会社エボラブルアジア」「JR東日本スタートアップ株式会社」「株式会社タップ」「株式会社ベクトル」「株式会社ベンチャーラボインベストメント」など。