ホテル旅館組合、日本で初めてAirbnbと提携 日本経済の振興は地方活性化なくして実現できない 世界最高水準のブランディングやマーケティング力を借り、我が町イノベーションへ

国内の旅館ホテル組合が日本で初めて、民泊仲介世界大手Airbnbと手を組んだ。

大分県の別府市旅館ホテル組合連合会は8月27日、海外からの宿泊客の増加を目指すために、Airbnbと提携すると発表した。近く覚書を締結する予定で、民泊大手の力を借りながら誘客キャンペーンを進めていく。

別府市旅館ホテル組合連合会には別府市内のホテルや旅館などが111軒加盟している。提携においては、これらの加盟施設に対して予約サイトへの掲載などについて研修やセミナーなどを実施する予定で、

別府市はラグビーワールドカップ2019年大会の公認キャンプ地としても話題を集めている。こうした機会をビジネスチャンスととらえ、宿泊客の増加を目指していく。宿泊だけではなく、別府の観光資源も世界にPRしていきたい考えだ。

地方の旅館やホテルの中には、海外のオンライン旅行会社(OTA)などへの掲載を含めて、ネット戦略に力を入れて取り組めていない施設も多い。そうした知識を持ち合わせていなかったり、外国人受け入れに懸念を示したりするケースもあり、まだまだ伸びしろがあるという見方も多い。