比較.comがAirbnbと提携 旅館予約も民泊サイトで 既存施設に新たな販路

 比較サイトを運営する「比較.com」はこのほど、民泊仲介世界大手のAirbnb(エアビーアンドビー)との業務提携を発表し、複数の宿泊予約サイトを一元管理できる同社運営の予約サイトコントローラ「TEMAIRAZUシリーズ」とAirbnbとの間でシステム連携をスタートさせた。

 業務提携により、特定の基準を満する小規模で個性的な宿泊施設(旅館や町家など)は、TEMAIRAZUシリーズを経由してAirbnbに掲載登録することが可能になる。予約サイトコントローラとAirbnbがシステム連携をするのは、日本国内では初となる。

 宿泊施設側にとっては、日本国内での利用者数が増加している民泊サイトAirbnbに掲載されることで、新たな販売チャネルを確保でき、他の予約サイトとの一元管理により稼働率や収益の向上を図ることができるというメリットがある。

 同社は報道発表の中で、「暮らすように旅するというAirbnbのコンセプトは、おもてなしの心や特徴を大切にしている旅館や町家、オーベルジュ(宿泊できるレストラン)などとの相性が良いと考えられる」としている。

 業務提携により、三重県にある「AQUA✕IGNIS」(https://www.airbnb.jp/rooms/19574312)や神奈川県の「オーベルジュ オー・ミラドー」(https://www.airbnb.jp/rooms/19577718)などの宿泊施設がAirbnbで既に掲載開始されている。

 TEMAIRAZUシリーズは、日本国内の宿泊予約サイトでは「楽天トラベル」「じゃらん.net」「るるぶトラベル」など、海外の宿泊予約サイトでは「Booking.com」「agoda」「Expedia」などに対応している。

ホテル・旅館のための宿泊予約サイトコントローラ TEMAIRAZU
http://www.temairazu.com/