東京の民泊事情 特区民泊の最前線「大田区」は今

「蒲田駅」「京急蒲田駅」周辺で盛ん

【出典】首相官邸ホームページ「国家戦略特区 民泊について」(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/pdf/shiryou_tocminpaku.pdf)

 東京・大田区における特区民泊が認定された施設の地域的な散らばりを見ていこう。まず最も多いのは蒲田駅の西側と南側。東京・大田区での認定施設第1号と第2号の物件も蒲田駅周辺にある。

 また、蒲田駅からほど近い京急蒲田駅周辺では、特に昨年末から今年にかけての物件認定が続いた。京王電鉄が運営する新築マンション「KARIOKAMATA」もこの地区にある。そのほか、蒲田駅西側の環状8号線通り沿いにも認定施設が5カ所ある。

 東京・大田区外の民泊は原則、「無許可民泊」となるので正確な数字は明らかにされていないが、この無許可民泊が多いとされているのが東京・新宿区だ。よって、民泊新法が施行された際に「合法民泊」の施設数と部屋数は、東京・大田区などとともに一定の規模となりそうだ。

2016年は28件、今年は3件目

 内閣府地方創生推進事務局の発表によって明らかになった認定施設は、年別に下記の通り。2017年は2月17日時点の数字で、京王電鉄(本社・東京都多摩市)は新築マンション「KARIOKAMATA(カリオカマタ)」も含まれる。

【2016年の認定】
①(1室)SJヴィラ蒲田A(東京都大田区中央)
②(1室)SJアパートメント蒲田A(東京都大田区西蒲田)
③(1室)サムライハウス幸村荘(東京都大田区羽田)
④(1室)KOMINKA(東京都大田区東馬込)
⑤(1室)シティプラザ蒲田(東京都大田区蒲田)
⑥(1室)サンセイランディックコンセプトルーム(東京都大田区大森西)
⑦(4室)レグラス大鳥居エアポートウエスト(東京都大田区萩中)
⑧(12室)西馬込一丁目特区民泊施設Ⅰ(東京都大田区西馬込)
⑨(1室)M'sHouse01(東京都大田区西蒲田)
⑩(13室)セジョリ池上(東京都大田区池上)
⑪(1室)コーポ勇崎201号室(東京都大田区矢口)
⑫(1室)Olive(東京都大田区西六郷)
⑬(1室)ダイレクトアクセス H&Sホテル(東京都大田区大森中)
⑭(1室)羽田民芸ホテル(東京都大田区羽田)
⑮(5室)株式会社弘城西社宅(東京都大田区西蒲田)
⑯(1室)ルミエール泉(東京都大田区新蒲田)
⑰(1室)ラフォーレ多摩川(東京都大田区下丸子)
⑱(1室)みせんビル(東京都大田区西蒲田)
⑲(1室)エイビス西蒲田ビル(東京都大田区西蒲田)
⑳(1室)ミソノプラザ(東京都大田区西蒲田)
㉑(1室)M's house 03(東京都大田区鵜の木)
㉒(25室)AXUS石川台AsylCourt(東京都大田区東雪谷)
㉓(1室)M's house 02(東京都大田区蒲田本町)
㉔(1室)tateru bnb 001(東京都大田区下丸子)
㉕(2室)ケリービジネスホテル(東京都大田区東蒲田)
㉖(1室)ハウス六郷土手(東京都大田区東六郷)
㉗(9室)SYFORME KEIKYU-KAMATA(東京都大田区西糀谷)
㉘(1室)「旅家」蒲田凛-RIN-(東京都大田区西糀谷)

【2017年の認定(2月17日時点)】
㉙(1室)矢口フラワーマンション501号室(東京都大田区矢口)
㉚(14室)KARIOKAMATA(東京都大田区蒲田)
㉛(2室)UME5235(東京都大田区大森西)

東京の民泊物件トップ10はこの区 首位は新宿区3,495件