民泊大手Airbnb、ANAとピーチとタッグ 国内初、航空会社と提携契約 コラボサイト経由で特典プレゼント

Airbnb Japan(本社・米サンフランシスコ)は6日、全日本空輸(本社・東京都港区)とPeach Aviation(本社・大阪府)の2社とパートナーシップ契約を締結した。民泊仲介世界大手Airbnbが日本国内の航空会社とパートナーシップ契約を締結するのは初めて。

AirbnbとANAによる取り組みは、新設した紹介サイト「ANA | Airbnb暮らすように旅しよう♪キャンペーン」を通じてAirbnbの掲載施設に宿泊した利用者に対し、宿泊代金に応じたマイル(最大200マイル)を贈るというもの。日本国内の利用者限定で、Airbnb宿泊の新規予約で使えるAirbnbクーポン(1人3,000円)もプレゼントする。

Peachとの連携においても、コラボレーションページを開設。「“人から検索”する新しい旅のスタイル」をテーマに、個人が提案するAirbnbの旅行や体験を予約できる仕組みになっている。ANAとの取り組みと同様にAirbnbクーポンのプレゼントも行う。

Airbnb Japanの田邉泰之社長はAirbnbについて「様々な地域のカルチャーとつながり、ユニークな旅行体験を叶えることができます」と強調した上で、「ANAとPeachと手を組むことにより、この新しい旅のスタイルを啓蒙し、地域への送客を含めた地方創生への貢献を目指して参りたい」としている。

ANAの志岐隆史副社長は「航空利用のご旅行においても、全国各地のユニークな体験と組み合わせることにより、『暮らすように旅する』新しい価値やスタイルをご提案していきたい」、Peach Aviationの井上慎一CEOは「Airbnbとのコラボレーションをきっかけとして、Peachは日本の個人旅市場にイノベーションの風を巻き起こします」としている。