2019年度の民泊予算1億9300万円がどう使われるかおさらい(ちなみ...

政府が2018年12月に閣議決定した2019年度の観光庁予算について、民泊に関連する部分を振り返っておこう。 予算の総額は665億9600万円で、このうち民泊は1億9300万円だ。民泊分野での使われ...

民泊オーナー、売上UPへ「多言語対応」最重要視 IT導入「チェックイン...

楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区/代表取締役会長兼社長:平井康文)は1月22日、民泊オーナーを対象に実施した「第二回・民泊運営に関する意識調査」の結果を公表した。 売上拡大や収...

鍵のIoT受け渡しボックス「キーカフェ」、トヨタ系ファンドから資金調達...

IoT鍵受け渡し端末「Keycafe Smartbox」を運営・販売するカナダ・バンクーバーのスタートアップ企業キーカフェ社(2013年創業)は1月21日、トヨタ自動車などが出資する「未来創生2号...

旅行業者の取扱額、2018年11月は4766億円 首位はJTBで152...

観光庁は1月18日、主要旅行業者の旅行取扱状況の2018年11月分の速報を発表した。海外旅行、外国人旅行(インバウンド旅行)、国内旅行を合わせた総取扱額は前年同月比102.8%の4766億円となった。...

旅先で体験したいこと、首位は全世代で「新しい言語の学習」 Agodaの...

オンライン旅行会社(OTA)大手のアゴダ(Agoda)はこのほど、日本やオーストラリアなど7カ国で「2019年に旅先で体験したいこと」を調べ、その調査結果を発表した。発表によれば、全体では男女とも...

北海道のMASSIVE SAPPORO、楽天のあんしんステイIoTを本...

北海道民泊最大手の株式会社MASSIVE SAPPORO(本社:北海道札幌市/代表取締役社長:川村健治)は1月16日、同社が運営する簡易宿所「UCHI Living Stay odori」に、楽天...

民泊届出の申請可否、クラウドで事前診断 創業1年のスタートアップ・ジー...

私の物件は民泊届出できるの——? そんな疑問を解決するという事前診断サービスを、創業から1年になるスタートアップ企業の株式会社ジーテック(本社:東京都港区/代表取締役:黒沢怜央)がスタートさせた。...

民泊物件がコワーキング施設になり10億人のノマドを支える日 Wi-Fi...

2035年には世界で10億人以上がノマドワーカー的な仕事に関わると言われている。都市部だけではなく、地方都市、農村部に住む人のノマド化が進めば、どんなことが起きるだろう? 特定の会社に特定の時間...

AI活用の旅館・民泊・別荘検索サービス「WithTravel」、対象を...

スタートアップ企業の株式会社WithTravel(本社:東京都荒川区/代表取締役社長:春山佳久)は1月14日までに、AI(人工知能)を活用した旅館・民泊・別荘の検索サービス「WithTravel」...

定額住み放題「HafH」、目標5倍以上の1000万円超を資金調達 注目...

定額で世界中に住み放題となるサブスク型住居(Co-living)サービス「HafH(ハフ)」の開発を手掛ける株式会社KabuK Style(本社:長崎県長崎市/代表取締役:砂田憲治、大瀬良亮)はこのほ...