2018年度民泊予算、前年比54%増の1億900万円 概算要求からは1...

政府が昨年12月に閣議決定した2018年度予算案では、観光庁の民泊関連予算(健全な民泊サービスの普及)は前年度比54%増の1億900万円に上った。概算要求で計上した1億2400万円から1500万円(約...

【全文&解説】民泊管理業務受託の「標準契約書(案)」が判明 業務を3分...

民泊事業者と管理業者の間で結ぶ契約書について、国土交通省が定める「住宅宿泊管理受託標準契約書(案)」が判明した。委託業務の内容を①宿泊者などへの対応②清掃・衛生③住宅・設備管理及び安全確保—の3分類1...

民泊条例、大阪市が「上乗せ制限しない」宣言 合法化推進へ補助制度も整備...

大阪市の民泊事業に対する推進姿勢に注目が集まっている。多くの自治体が民泊制限条例の制定によって営業禁止期間と禁止区域を定める流れの中、大阪市は条例案の意見公募(パブリックコメント)開始に伴い、全国...

東京都中央区の「全域で土日限定」条例素案に波紋 民泊ガイドラインの「不...

東京都中央区(区長・矢田美英)が今月26日に発表した民泊条例素案。区内全域において月曜正午から土曜正午までの民泊実施を制限することが柱となっているが、この規制が住宅宿泊事業法(民泊新法)ガイドライ...

【解説】民泊新法ガイドライン、必ず知っておきたい35の重要ポイント 管...

観光庁が26日に公表した住宅宿泊事業法施行要領(民泊新法ガイドライン)。実際に民泊事業や管理業、仲介業を行う上での民泊新法の解釈や留意事項をまとめている。そのほか、自治体の民泊条例による「0日規制...

【特集2017】新法で変化する民泊市場 (不動業界紙『週刊住宅』よ...

活況、周辺ビジネス、現役ホストから賛否両論 今年6月に成立した住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)は、住宅宿泊事業(新法民泊)のルールを定めて住宅宿泊事業者に都道府県知事への届け出義務を課すととも...

無人型宿泊施設「Commune」を現地取材しました!

今年10月に大阪にてオープンした無人型宿泊施設「Commune」に訪問した。 「Commune」は従来の宿泊施設とは異なり、スマートロックやタブレットを活用したスマートチェックインシス...

【全文テキスト化】民泊新法ガイドライン、観光庁が発表 約50,000文...

観光庁は26日、住宅宿泊事業法施行要領(民泊新法ガイドライン)を公表した。民泊新法で規定する「民泊事業」「民泊管理事業」「民泊仲介事業」それぞれについて、解釈や留意事項を取りまとめており、実際に事業を...

パネル管理で使いやすく 小規模宿泊施設向けに管理サービス 大阪のステイ...

今年7月に創業したステイシー(本社・大阪府大阪市/代表取締役・前田益宏)は26日、旅館やホテル、民泊、ゲストハウスなど様々な業態に対応可能な小規模宿泊施設向け宿泊管理サービス「Staysee(http...

【新春対談】2017年の民泊業界まとめと2018年の民泊展望

12月某日都内にて、簡易宿所コンサルタント児山秀幸氏と民泊大学運営のチャプターエイト代表の高野の対談「2017年の民泊業界まとめと2018年の民泊展望」が行われた。 今年の一大トピ...